「伝統建築工匠の技」のユネスコ無形文化遺産登録に当たっての総理メッセージ

令和2年12月17日

 日本には、法隆寺や姫路城など、世界に誇る多くの木造建造物が残されています。これらを今も私たちが目にすることができるのは、何世紀にもわたり受け継がれてきた伝統的な技術により修理されてきたことの賜物です。

 建造物を修理する様々な技術が、「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」としてユネスコ無形文化遺産に登録されましたことを、心から嬉(うれ)しく思います。

 日本各地で人から人へと受け継がれてきた伝統的な技術を、次の世代へ継承するとともに、この素晴らしい技術を国内外に発信していきたいと思います。

令和2年12月17日
内閣総理大臣 菅 義偉