国立国際医療研究センター視察等についての会見

令和2年12月14日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(国立国際医療研究センター視察、今後の対応について)

 まず、本日、これまでコロナ感染対策の中核的な存在として、今日まで大変活躍されておられます、この国立国際研究センターを視察いたしました。そして感じましたことは、まず、働いていらっしゃる皆さんが自らの危険を顧みずに患者さんを何とか救おうという、そういう強い思いの中で、このコロナと真正面から戦っている、そうした姿が非常に印象的であり、また、こうした皆さんに感謝と御礼を申し上げたい、そういう気持ちになりました。
 そして、政府として今成すべきこと、正にこの、医療関係への支援をしっかり行うと同時に、看護師さんを始め、そこで働いている病院関係者の皆さんの処遇をしっかりできるような形で支援していきたい、このように思います。
 それとまた、コロナの対応をしている病院に対して、看護師協会やあるいはいろんな団体からお医者さんを派遣したり、そうしたことによって成り立っているところが沢山あると、こう伺っています。そうした医師あるいは看護師、派遣された方に対しての処遇、ここは倍増したい、このように思っています。それとまた、看護師さんが看護師以外に、例えば清掃の仕事とかいろんな仕事もやらざるを得ないという話も伺っておりますので、そうしたこともやはり専門業者の皆さんにも、政府からお願いして、分担をして、看護師さんに負荷の掛からない、こうしたことをしっかり支援していきたい、このように思っています。
 そしてまた、国民の命と暮らしを守る、そういう視点の中で、医療従事者の皆さん、そして関係者の皆さんに対して、自ら、大変な思いをしていますので、そうした皆さんの働く環境というのをしっかり整備していきたい、そんな思いでありました。

(GoToトラベルの新たな対応方針について)

 まだ決まっていません。ただ、分科会からは、ステージ3に相当するところには、そうしたことも必要だと提言を受けております。

関連リンク

総理の演説・記者会見など