報道写真展訪問についての会見

令和2年12月19日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(報道写真展訪問について)

 まず、展示されている写真をゆっくり見させていただいて、1年間いろんなことがあったんだなと。そういう中で、コロナ前とコロナ禍で大きく変わっているのを映像で確認しながら、あのダイヤモンド・プリンセス号の写真、当時初めての対応、さらには緊急事態宣言、全国的にはこれも初めてであったと思ってます。こうした、目に見えないコロナと一日一日戦い抜いてきている、そういう思いであります。
 そして、今この瞬間にも国民の命を守るために、医療現場の皆さんはコロナと向き合って、大変な御努力をされている。保健所の皆さんもそうです。介護の皆さんもそうです。国民の皆さんも我慢を強いられている。皆さんに感謝すると同時に、また御協力もしっかりお願いしたいというふうに思いました。
 そして、はやぶさ2号も、このプロジェクトチーム、その偉業の写真もありました。この厳しい中にあって、正に将来に向けての、夢、可能性を力強く感じるものでありました。
 この厳しいコロナ、この戦いを国民の皆さんの御協力をいただいて、何としても拡大を阻止して、このコロナ禍の前の写真のように、多くの皆さんが自由に活動できるような、そんな社会を一日も早く取り戻す。国民の命と暮らしを守るのが私の使命だと、改めて再認識いたしました。

関連リンク

総理の演説・記者会見など