平成21年1月12日

韓国訪問第2日

写真1

共同記者会見の写真1

 平成21年1月12日、大韓民国を訪問中の麻生総理は、大韓民国の李明博大統領とソウルの青瓦台(大統領府)で首脳会談を行いました。

 会談では、日韓両国間の「成熟したパートナーシップ関係」を一層強化する方策について、意見交換が行われ、両首脳は、今回の麻生総理の訪韓で「シャトル首脳外交」が定着したことを確認し、李大統領が本年の適当な時期に訪日することで合意しました。国際社会での協力として、両国専門家が幅広い分野で研究を行う「日韓新時代共同研究プロジェクト」を近く発足させることで合意したほか、アフガニスタンにおいて日韓両国が協力して支援することや、金融・世界経済に関する第2回首脳会合に向け、引き続き日韓両国間で緊密に連携していくことを確認しました。また、北朝鮮問題については、六者会合を通じて北朝鮮に核を放棄させるとの日韓両国の基本方針を確認し、米国新政権とも緊密に連携していくことで一致しました。さらに、若者交流の強化、日韓EPA交渉再開に向けた検討、日韓原子力協定の交渉開始など、様々な分野において日韓協力関係を一層緊密化させることで合意しました。

 会談終了後、両首脳は共同記者会見を行いました。李統領は「私は、今日の私たちの会談が新しい韓日関係の発展の道しるべとなることと思います。両首脳の友情と信頼が両国国民間の交流と理解の増進につながり、両国が更に成熟したパートナーシップ関係に発展していくことになると確信しています。」と述べたのに対し、麻生総理は「国際社会における協力と共に、日韓の二国間関係を一層深めていくことも重要です。大統領と協力して、本年を、日韓関係の飛躍の年としていきたいと考えております。」と述べました。

関連リンク

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 共同記者会見の写真1
  • 会談場に向かう両首脳の写真
  • 日韓首脳会談の写真
  • 共同記者会見の写真2
  • 共同記者会見の写真3