平成21年5月20日

日本・ラオス人民民主共和国首脳会談

写真1

ブアソーン首相と握手する麻生総理の写真

 平成21年5月20日、麻生総理は総理大臣官邸で、ラオス人民民主共和国のブアソーン・ブッパーヴァン首相と首脳会談を行いました。

 会談の冒頭、麻生総理は「2年ぶりに再会できたことを大変うれしく思っております。本年の日メコン交流年の機会に一層日ラオス関係を進展させたいと思っております。日ラオス外交関係55周年を来年迎えることになるので、2010年4月〜3月の間にチュンマリー国家主席を日本に招待したいと思っています。」と述べました。これを受け、ブアソーン首相は、チュンマリー国家主席への訪日招待に感謝する、また、麻生総理には是非ラオスを訪問して頂きたい旨を述べました。これに対し、麻生総理は、自分自身のラオス訪問については都合の良い機会に喜んで訪問したいと述べました。

 会談で麻生総理は、ラオスの安定した経済成長の実現に向け日本として引き続き協力を惜しまない、近年ラオスを魅力的な投資先として注目する日本企業が増えつつあり、これを実際の投資に結びつけるためにはラオスにおける投資環境整備が重要であると述べました。また、アジア諸国の取組を後押しするため、緊急財政支援円借款を含む、最大2兆円規模(約200億ドル相当)のODAを始めとする日本の協力策について説明しました。

 これに対し、ブアソーン首相は、日本はラオスに対する第一のドナー国であり、ラオス国民を代表し、日本国民に対し日本の対ラオス支援、日本のメコン地域に対する協力に感謝している旨を述べました。さらに、日本企業の投資を歓迎したい、日ラオス投資協定も発効したところであり、投資環境整備のため、日ラオス官民合同対話の「行動計画」の着実な実施に取り組んでいきたい旨を述べました。

 そのほか、クールアース・パートナーシップ及びメコン地域における東西経済回廊の重要性、また、これらに対する日本の支援について意見交換しました。

関連リンク

写真2

会談に臨む両首脳の写真

写真3

日本・ラオス人民民主共和国首脳会談の写真

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • ブアソーン首相と握手する麻生総理の写真
  • 会談に臨む両首脳の写真
  • 日本・ラオス人民民主共和国首脳会談の写真