新型コロナワクチンの職域接種の総合窓口

・ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、令和3年6月21日から、企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種を開始することを可能とすることとします。高齢者への接種が早期に完了する見込みである自治体においては、自治体の判断で、さらに時期を前倒しすることも可能とします。

・職域接種に当たっては、モデルナ社製ワクチンを使用し、接種に必要な医療従事者や会場などは、自治体による高齢者等への接種に影響を与えないよう、企業や大学等が自ら確保することとします。

・中小企業が商工会議所等を通じて共同で実施すること、企業が下請け企業など取引先も対象に含めて実施すること、大学等が学生も対象に含めて実施することも可能とします。なお、職域接種を実施するに当たっては、その対象者の中で、接種の優先順位を踏まえて、高齢者や基礎疾患を有する者が優先的に接種できる機会を設けていただくこととします。

・一般接種の対象者の中で、企業や大学等の協力により職域を通じて接種を受けていただく方が増えてくることで、市町村が実施する一般接種もより受けやすくなり、接種が加速化することが期待されます。

・政府としては、希望する全ての国民の皆さんに安全で有効な新型コロナワクチンを一日も早くお届けできるよう、引き続き、自治体と連携して、全力を挙げて取り組んでまいります。

・職域接種及び大学拠点接種の申請については、専用受付サイト(6月25日17時をもっていったん申請受付を休止中)から申請をいただくと、まず厚生労働省から申請受付のメールが届くことになっており、そのうち、厚生労働省において申請内容を確認したものについては、確認メールが届く仕組みになっています。この2度目の確認メールが届いた確認済みの会場が、接種に向けた具体的な手続きに進むことになります。

・現時点で厚生労働省から確認の連絡がない会場について
各週のワクチンの需給については、直前まで確実に見通すことが難しく、現時点で、お待ちいただいている各会場の接種開始時期をお知らせすることが困難な状況にありますが、需給の見通しが立ち次第、各会場に順次開始時期をご案内していく予定です。
こうした中、職域接種の進行状況をできる限り把握していただくため、危機管理や災害対策の観点から早期に接種する必要がある会場、申請時期や開始希望時期が早い会場から、順番を定めました。
この順番に基づき、接種開始が見込まれる週の3週間前までに、関係省庁から順次御連絡し、接種計画等の確認作業を行わせていただきます。また、毎週、何番目までの会場でいつの週に接種開始が見込まれるかをお知らせする予定にしています。
現在のところ、8月9日の週から、危機管理や災害対策に関係する職域接種と大学拠点接種から開始します。新たに開始いただく余地は徐々に拡大し、8月23日の週から、多くの会場で開始いただける見込みです。

・既に厚生労働省から確認の連絡があった会場について
ワクチンの供給に支障がない限りにおいて、当初申請いただいた内容の人数、スケジュールで実施できるように、ワクチンの供給等の手続きを進めています。
接種を行う前の週にワクチンを配送し、その前の週の金曜日までに配送量等に関する連絡をすることとしています。
これから接種を開始する会場については、上記連絡をお待ちください。

なお、モデルナ社のワクチンは配送先から移送できず、配送先ですべて接種していただく必要があります。
貴重なワクチンを無駄にしないという観点から、実際の接種実績に応じて、ワクチンの配送量をしっかりと精査させていただきます。
毎週の配送量の調整は、V-SYS上に入力いただくことで行っておりますが、その際に、接種実績も入力いただくよう、お願いします。
入力がされていなければ、配送量がゼロになる可能性がありますのでご注意ください。

・大学拠点接種について
文部科学省にて調整を行っております。

・ワクチン供給見込み
職域接種における1週間あたりの配送量のピークは、7月19日の週、7月26日の週(接種ベースだと、7月26日の週、8月2日の週)になり、その後、徐々に低減すると予測しています。
現在申請していただいている職域接種分・大学拠点接種分のモデルナ社のワクチンは総量として5,000万回分確保しており、自治体の大規模接種分の1,200万回分を差し引いても十分な量は確保していますので、少しお待ちいただくことにはなりますが、実施していただくことは可能です。

・職域接種の概要・手続については以下の資料をご覧ください。
(順次、関係資料を掲載します。)

・職域接種の申請から接種までについてはこちら別ウィンドウでPDFを開く

・職域接種に関する業界別照会窓口はこちら別ウィンドウでPDFを開く

・職域接種に関する各都道府県の連絡調整窓口はこちら別ウィンドウでPDFを開く

・詳細については、以下の各省庁のHPもご参照ください。

お問い合わせはこちら

・職域接種の実施にあたっては、ワクチン接種記録システム(VRS)による接種記録情報の登録が必要になります。詳しくは、「VRS職域接種 担当者向け情報別ウィンドウで開く」をご覧ください。

・VRSへの接種記録情報の登録にあたっては、月末請求処理の際、また、2回目の接種完了時にまとめて実施することを予定されていることもあろうかと思いますが、被接種者に接種券が届き次第、速やかに提出を受け、VRSへ接種記録情報を登録いただきますようお願いいたします。

目次