新型コロナワクチンの職域接種の総合窓口

【職域接種の接種実績】
・接種回数※1  19,291,446回
(内訳)1回目接種: 9,802,654回
      2回目接種: 9,488,792回
(令和3年11月28日(日)までの実績)(報告があった会場数:4,042会場)

・先週との比較:      +6,734回/週

※1 各職域接種会場からワクチン接種円滑化システム(V-SYS)に報告されたもの。

【職域接種・大学拠点接種の実施企業・大学等へのお願い】

(VRSの早期入力)
・ ワクチン接種記録システム(VRS)への接種記録情報の早期入力は、被接種者の住民票所在地の市町村の事務や接種証明書の速やかな発行にとって極めて重要です。
・ 月末の請求時や2回目接種完了時にまとめて入力するのではなく、接種券を早期回収の上、接種当日の速やかな入力をお願いいたします。
(ワクチンを活用しきること)
・ 貴重なワクチンを無駄にすることがないよう、実施企業・大学等においては、必要量のみを確保し、一度配送を受けたワクチンは活用しきるようお願いいたします。
・ なお、ワクチンの不適切な取扱い等より、廃棄するに至った場合には、原則公表することとなるためご留意ください。
(2回目の接種機会の確実な提供)
・ 職域接種は、企業や大学等が接種に必要な実施体制を確保し、同一の接種会場で2回接種を完了すること等を前提に実施しているものであり、同一会場での2回目の接種機会を確実に提供する必要があります。
・  その上でもなお同一会場での2回目の接種機会の提供が困難な場合は、被接種者が近隣の職域接種会場や大学拠点接種会場で2回目の接種を受けられるよう、1回目の接種を実施した企業等が他の会場と相談・調整するなど、必要な取組を行っていただくようお願いいたします。

・職域接種の概要については以下の資料をご覧ください。(新規の受付は行っておりません)

・職域接種に関する業界別照会窓口はこちら別ウィンドウでPDFを開く

・職域接種に関する各都道府県の連絡調整窓口はこちら別ウィンドウでPDFを開く

・その他の詳細については、以下の各省庁のHPもご参照ください。

目次