本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年4月3日(火)定例閣議案件

一般案件


天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う国の儀式等の挙行に係る基本方針について(決定)

(内閣官房)

リトアニア国特命全権大使ゲディミナス・バルブオリス外3名の接受について(決定)

(外務省)

キプロス国駐箚特命全権大使中津川伸一に交付すべき信任状及び前任特命全権大使清水康弘の解任状につき認証を仰ぐことについて(決定)

(同上)

円借款の供与に関する日本国政府とイラク共和国政府との間の2の書簡の交換について(決定)

(同上)

 

国会提出案件


衆議院議員おお坂誠二(立憲)提出国家公務員法第17条でいう人事行政に関する事項の調査に関する質問に対する答弁書について(決定)

(内閣官房)

衆議院議員初鹿明博(立憲)提出放送法第4条撤廃に関する質問に対する答弁書について(決定)

(総務省)

参議院議員川田龍平(立憲)提出意思決定支援等を行う者に対する研修の実施に関する質問に対する答弁書について(決定)

(厚生労働省)

衆議院議員初鹿明博(立憲)提出原子力規制委員会によるモニタリングポスト撤去に関する質問に対する答弁書について(決定)

(原子力規制委員会)

 

政 令


労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令(決定)

(厚生労働省)

 

人 事


特命全権大使鈴木庸一外2名を願に依り免ずることについて(決定)

大工 強外105名を判事等に任命することについて(決定)

群馬県立女子大学名誉教授平岡敏夫外139名の叙位又は叙勲について(決定)

第30回危険業務従事者叙勲について(決定)

 

議事録

※当ページ上に掲載されているPDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe®Reader®プラグインが必要となります。

用語解説

一般案件
国政に関する基本的重要事項等であって、内閣として意思決定を行うことが必要なもの
国会提出案件
法律に基づき内閣として国会に提出・報告するもの
法律・条約の公布
国会で成立した法律又は締結された条約を憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
法律案
内閣提出法律案を立案し、国会に提出するもの
政令
政令(内閣の制定する命令)を決定し、憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
報告
国政に関する主要な調査の結果の発表、各種審議会の答申等閣議に報告することが適当と認められるもの
配布
閣議席上に資料を配布するもの

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.