くらしとしごとの支援策

くらしとしごとの支援策
   
 

個人・ご家庭の方々向けの支援策

●生活資金
家族
会社で働いている方▼
・一人あたり一律10万円を給付します(特別定額給付金)別ウィンドウで開く チラシはこちら
・生活資金として最大80万円貸付します(緊急小口資金・総合支援資金)別ウィンドウで開く
・児童一人あたり1万円の上乗せをします(児童手当)別ウィンドウで開く チラシはこちら別ウィンドウでPDFを開く
・感染のため仕事を休んだ場合、傷病手当金を受けられます別ウィンドウで開く
・小学校等の休校で保護者が仕事を休んだ場合に一日8,330円(上限)の助成金を受けられます(小学校休業等対応助成金)別ウィンドウで開く
・家賃の支払いが困難な方へ、住居確保給付金をご案内します別ウィンドウでPDFを開く
・税の納付が難しい場合は、税務署や自治体に申請することにより納税が猶予されます(国税別ウィンドウで開く地方税別ウィンドウで開く
・公共料金等の支払いを猶予します(上下水道別ウィンドウで開く 電気・ガス別ウィンドウで開く 固定電話・携帯電話・インターネットサービス別ウィンドウで開く NHK受信料別ウィンドウで開く
 
個人フリーランス
個人・フリーで仕事をしている方▼
・一人あたり一律10万円を給付します(特別定額給付金)別ウィンドウで開く チラシはこちら
実質無利子・無担保で最大5年間元本据置の融資を受けられます(政府系金融機関) 別ウィンドウで開く
・フリーランスを含む個人事業者に、使途制限のない資金を、最大100万円給付します 別ウィンドウで開く
・生活資金として最大80万円貸付します(緊急小口資金・総合支援資金)別ウィンドウで開く
・児童一人あたり1万円の上乗せをします(児童手当)別ウィンドウで開く チラシはこちら別ウィンドウでPDFを開く
・家賃の支払いが困難な方へ、住居確保給付金をご案内します別ウィンドウでPDFを開く
・小学校等の臨時休校等で、子供の世話のため、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者へ一日当たり定額4,100円を支援します(小学校休業等対応支援金)別ウィンドウで開く
・税の納付が難しい場合は、税務署や自治体に申請することにより納税が猶予されます(国税別ウィンドウで開く地方税別ウィンドウで開く
・公共料金等の支払いを猶予します(上下水道別ウィンドウで開く 電気・ガス別ウィンドウで開く 固定電話・携帯電話・インターネットサービス別ウィンドウで開く NHK受信料別ウィンドウで開く
 
仕事をしていない
仕事をしていない方(求職中の方を含む)▼
・一人あたり一律10万円を給付します(特別定額給付金)別ウィンドウで開く チラシはこちら
・生活資金として最大80万円貸付します(緊急小口資金・総合支援資金)別ウィンドウで開く
・児童一人あたり1万円の上乗せをします(児童手当)別ウィンドウで開く チラシはこちら別ウィンドウでPDFを開く
・家賃の支払いが困難な方へ、住居確保給付金をご案内します別ウィンドウでPDFを開く
・公共料金等の支払いを猶予します(上下水道別ウィンドウで開く 電気・ガス別ウィンドウで開く 固定電話・携帯電話・インターネットサービス別ウィンドウで開く NHK受信料別ウィンドウで開く
・生活全般にわたる困りごとの相談窓口を全国に設置しています(生活困窮者自立支援制度)別ウィンドウで開く
・生活の困窮の程度に応じて必要な保護を受けられます(生活保護)別ウィンドウで開く
 
学生
学生の方▼
・一人あたり一律10万円を給付します(特別定額給付金)別ウィンドウで開く チラシはこちら
・授業料・入学金の免除や減額、給付型奨学金の支給を受けられます(高等教育修学支援新制度) 別ウィンドウで開く
 
●相談窓口
相談したい▼
特別定額給付金に関するよくある質問・コールセンター別ウィンドウで開く(よくあるご質問や相談窓口をご案内しています)<総務省>
緊急小口資金・総合支援資金に関するお問い合わせ先一覧別ウィンドウで開く(全国の社会福祉協議会にてご相談を受け付けています)<全国社会福祉協議会>
国税局猶予相談センターのご案内別ウィンドウで開く(地域別の相談窓口をご案内しています)<国税庁>
行政相談の受付窓口別ウィンドウで開く(行政全般の様々なご相談を受け付けています)<総務省>
各都道府県の一般的な相談窓口別ウィンドウで開く(緊急事態宣言対象地域の情報提供や相談窓口をまとめています)<内閣官房>