平成29年4月29日(土)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について(2)

 北朝鮮は、本日午前5時30分頃、北朝鮮内陸部の北倉(プクチャン)付近から、1発の弾道ミサイルを北東方向に発射した模様であります。発射された弾道ミサイルは、約50キロメートル離れた北朝鮮内陸部に落下したものと推定をされます。詳細については現在分析中。政府においては、直ちに、外遊中の総理に報告をし、総理から3点の指示がありました。また、官邸対策室内において情報を集約するとともに、緊急参集チームを招集をし、午前8時41分頃から国家安全保障会議を開催をいたしました。今回の北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、国連安保理決議等に違反するものであります。我が国としては、直ちに北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に対して厳重に抗議をするとともに、強く非難をしました。このような北朝鮮による度重なる挑発行為を我が国は断じて容認することはできません。政府としては、国連安保理の場を含め米国や韓国を始めとする関係国と緊密に連携をし、北朝鮮に自制を強く求めるとともに、いかなる事態にも対応することができるよう、必要な対応に万全を期しております。国民の皆様には、政府からの情報に注意をし、落ち着いて行動するようお願いいたします。

関連リンク