平成30年1月10日(水)午後

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

安倍総理のエストニア、ラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア及びルーマニア訪問について

 諸般の事情が許せば、安倍総理は、1月12日から17日の日程で、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国、そしてブルガリア、セルビア、ルーマニアの南東欧3か国、合計6か国を、日本の総理大臣として初めて訪問いたします。今次欧州訪問では、日本外交のフロンティアを広げるとともに、本年前半のEUの議長国であるブルガリアを始め、各国首脳と胸襟を開いて意見交換し、北朝鮮問題など国際社会が直面する喫緊の課題について、緊密な連携を確認する考えです。また、今次欧州訪問に際しては、延べ30社を超える日本企業で構成される経済ミッションが同行し、高い経済的潜在力を有する各国との経済関係を強化することが期待されます。