平成30年6月5日(火)午前 | 平成30年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ

本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月5日(火)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等16件と法律の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、石井大臣から「平成30年版『水循環白書』、『観光白書』及び『交通政策白書』について」、環境大臣から「『平成30年版 環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書』について」、総務大臣から「家計調査結果」について、それぞれ御発言がありました。

イノベーション戦略調整会議について

 本日、閣議前に、第3回イノベーション戦略調整会議を開催し、統合イノベーション戦略の素案について議論を行いました。具体的には、大学改革、若手活躍促進、AI人材の育成などの項目について、達成目標と具体的な施策を取りまとめたものであります。また、今後、本調整会議を格上げして、統合イノベーション戦略推進会議を設置し、政府一丸となって本戦略の実行に取り組む体制を構築することとしました。今後、総合科学技術・イノベーション会議での審査等を経て、とりまとめを行う予定であります。

国土強靱化推進本部について

 本日、閣議前に、国土強靱化推進本部を開催し、国土強靱化アクションプラン2018及び脆弱性評価の指針を決定しました。アクションプランでは、昨年の九州北部豪雨などの教訓を踏まえ、災害への対応を強化するなど、国土強靱化を着実に進めることとしております。また、脆弱性評価の指針は、国土強靱化基本計画の見直し案の作成に当たり実施する脆弱性評価の基本事項を定めるものです。本日の推進本部における総理の御発言を踏まえ、本年中に基本計画を見直すこととし、集中的に検討を進めてまいります。

行政文書の管理の在り方等に関する閣僚会議について

 本日、閣議後に、行政文書の管理の在り方等に関する閣僚会議を開催いたしました。会議では、昨今の一連の公文書をめぐる問題により、行政全体の信頼が損なわれたことを踏まえ、総理から、梶山公文書管理担当大臣及び野田総務大臣に対し、公文書に関するコンプライアンス意識の改革を促す実効性のある組織の推進、行政文書をより体系的・効率的に管理するための電子的な行政文書管理の充実、決裁文書の管理の在り方の見直し、電子決裁システムへの移行の加速の各事項について、早期に実施・実現するため、全力で取り組むよう御指示があり、併せて、各閣僚に対しても、各自が先頭に立って公文書管理の適正の確保に万全を期すよう御指示がありました。国民への説明責任を全うし、行政への信頼を回復するため、政府一体となって公文書管理の質を高めるための取組を推進してまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.