平成30年7月8日(日)午前 | 平成30年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ

本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年7月8日(日)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

平成30年7月豪雨について(2)

 今回の大雨では、11府県で大雨特別警報が発令されるなど、各地で記録的な雨となっており、河川の氾濫、大規模な浸水、土砂災害が多数発生しております。これまでに把握している人的被害は、死者48名、心肺停止28名、行方不明7名です。また、安否不明であるとして、110番通報のあったもののうち、安否が確認されていないものが、広島県を中心に45件、92名程度であり、このほかに、車が流されているのを見たなど、人数は不明ですが、安否に関する通報が108件あります。本日も警察、消防、自衛隊、海上保安庁の救助部隊が人命第一の方針の下、約5万4千人、ヘリ41機の体制で捜索・救助活動に全力で取り組んでおります。甚大な被害が広範囲で生じていることから、本日8時に非常災害対策本部を設置し、先ほど、総理出席の下、第1回会議を開催しました。総理からは、被災者の救命・救助、生活支援のため、先手先手で対応するよう指示がありました。政府としては、総理指示を踏まえ、関係省庁が連携して、救命・救助活動に当たるとともに、被災自治体のニーズを把握し、プッシュ型で不足している物資の供給、災害対応に当たる要員の人的支援、ライフラインの早期復旧に向けた支援を行うなど、対応に万全を期してまいります。大気が不安定な状態が続いており、岐阜県、愛媛県、高知県では、大雨特別警報が発令されています。引き続き、自治体や気象台が発表する避難勧告や気象情報等に十分注意し、安全確保に努めてまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.