平成30年12月14日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等19件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、山本大臣から「国土強靱化の加速化、深化に向けて」御発言があり、私(官房長官)から「海外出張不在中の臨時代理について」申し上げました。
 閣僚懇談会においては、宮腰大臣から「『秋の年次公開検証』の指摘への対応等について」、財務大臣から「『秋の年次公開検証』について」、それぞれ御発言がありました。

国土強靱化基本計画見直し及び防災減災の国土強靱化ための3か年緊急対策について

 本日の閣議において、国土強靱化基本計画の見直し及び防災・減災国土強靱化のための3か年緊急対策について閣議決定いたしました。基本計画の見直しは、平成26年6月の策定以降、これまでの災害から得られた教訓や社会経済状況の変化などを反映させ、内容を充実したところです。また、3か年緊急対策は、160項目について、財政投融資の活用を含め、事業規模、概ね7兆円程度を目処として、3年間で集中的に実施してまいります。今後も、政府一体となって、国土強靱化を加速してまいります。

統合イノベーション戦略推進会議について

 本日、第3回統合イノベーション戦略推進会議を開催しました。会議では、Society5.0の実現加速のためのスマートシティの推進、今後イノベーションの核となる主要3技術の戦略について議論しました。今回の議論を踏まえ、関係大臣に対し、Society5.0を実現すべく、政府一体となったスマートシティの取組を開始すること、今後、イノベーションを進める上で重要な三分野として、AIについての戦略パッケージ、新たなバイオ戦略を来年夏までに策定するとともに、国際的な競争がし烈になっている光・量子分野については、我が国としての方向性を早急に固めるべく、本格検討を開始することをお願いいたしました。

ルング・ザンビア共和国大統領の来日について

 17日から20日の日程で、ルング・ザンビア大統領が実務訪問賓客として日本に滞在をされます。滞在中、天皇陛下は、同大統領と御会見になります。また、安倍総理は、同大統領と首脳会談を行うとともに、夕食会を開催する予定であります。日本とザンビアは、二国間、国際場裡(じょうり)の双方におけるパートナーとして、長年にわたって友好・協力関係を築いてきました。来年8月のTICAD7の成功に向けて、両国のパートナーシップの更なる強化を目指します。

関連リンク