令和2年7月16日(木)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

第8回アフリカ開発会議(TICAD8)について

 このたび、2022年に予定されます第8回アフリカ開発会議(TICAD8)をチュニジアで開催することが正式に決定いたしました。アフリカでの開催は、2016年にケニアで開催をされて以来、2回目となります。アフリカは、21世紀最大のフロンティアである一方で、紛争や貧困など多くの課題に直面をいたしております。新型コロナウイルス感染症は、保健・医療面を始めとして、アフリカが抱える脆(ぜい)弱性を浮き彫りにしています。こうした中で、四半世紀を超える歴史を誇るTICADは、保健分野を含むアフリカの開発課題に取り組む国際会議として、その意義を高めています。我が国としては、昨年8月の横浜でのTICAD7の成果を踏まえ、TICAD8に向けて、アフリカ自身が主導する発展を、引き続き後押ししていきたい、こういうふうに思います。

「野口英世アフリカ賞」の運営の改善に向けた有識者懇談会

 本日、「『野口英世アフリカ賞』の運営の改善に向けた有識者懇談会」の第1回会合が、総理官邸において開催されます。「野口英世アフリカ賞」は、日本でのアフリカ開発会議(TICAD)の開催に合わせ、5年または6年に一度、授与されてきましたが、昨年の第3回授与式で、安倍総理から、国際社会の資金と人材がアフリカでの医学研究や保健対策に一層注がれ、アフリカ、ひいては人類全体の保健と福祉の更なる向上が図られることを目指し、今後は3年毎に授与を行うことが発表をされました。この機会に、本賞をより素晴らしい賞にするため、国内外の有識者の方々に御参加をいただき、運営全体の改善について議論いただくことといたしております。

関連リンク