令和3年6月17日(木)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ワクチン接種証明の検討状況について

 冒頭1件ございます。ワクチン接種証明の検討状況についてであります。新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延している現状において、国際的な人的往来における防疫措置、各種行動制限が講じられておりますが、相手国等がワクチン接種を受けた者についてこれら制限措置の一部緩和を判断する上で活用できるよう、ワクチン接種の公的証明を求める動きがあります。現在、私(官房長官)の下、内閣官房で全体の調整を行いながら、関係省庁と検討を進めてきたところであります。この接種証明については、予防接種法に基づくワクチン接種を実施し、記録を管理している市区町村において発行していただくこととし、当面は、我が国から各国に入国する際に防疫措置の緩和等を受けることが必要な方に対して、本年7月中下旬をめどに書面での交付が可能となるように準備を進めたいと考えております。接種証明の記載事項は、新型コロナウイルスワクチンの接種記録と接種者に関する事項などとしておりますが、その詳細については、今後、諸外国の動向などを踏まえて決定することとしております。早急に交付できる体制を整える観点から、まずは、書面での交付といたしますが、電子での交付も見据えて、さらに検討を進めてまいります。このような内容については、早ければ来週にも自治体に対し、説明会を実施するなど、検討・調整を加速していくこととしております。