令和3年11月26日(金)午後

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

臨時閣議の概要について

 臨時閣議の概要について申し上げます。一般案件2件が決定されました。大臣発言として、岸田総理大臣から、「令和3年度補正予算の概要及び令和4年度予算編成について」、財務大臣から、「令和3年度補正予算の概算等について」、それぞれ御発言がありました。岸田総理大臣の御発言を御紹介いたします。「本日、『コロナ克服新時代開拓のための経済対策』の各施策を盛り込んだ令和3年度補正予算の概算が決定されました。国民の皆様に、スピード感を持って施策をお届けすべく、年内できるだけ早くの補正予算の成立を目指してまいります。これにより、コロナ禍で傷んだ経済を立て直すとともに、社会経済活動の再開を図り、新しい資本主義を起動させてまいります。同時に、いわゆる『16か月予算』の考え方の下、この補正予算と一体として令和4年度予算を編成してまいります。編成に当たっては、デフレ脱却に加え、『成長と分配の好循環』と『コロナ後の新しい社会の開拓』をコンセプトとした新しい資本主義の実現を図るとともに、『骨太の方針2021』における令和4年度予算編成に向けた考え方に基づいて、新型コロナの状況を踏まえつつ、メリハリの効いた予算とするようお願いします。財務大臣は、こうした基本方針に基づき予算編成を行っていただくとともに、閣僚各位も御協力をお願いします。」岸田総理の御発言は以上です。

新型コロナウイルスの新たな変異株B.1.1.529について

 次に、新型コロナウイルスの新たな変異株である「B.1.1.529」について、南アフリカを中心に感染が広がっているとみられ、感染性が増している可能性があるとの情報や、ワクチンの効果が不明であるとの情報があること等を踏まえ、本26日、当該変異株を「水際対策上特に対応すべき変異株」に指定することとしました。その上で、本26日、南アフリカ共和国に加えて、同国の周辺国であるエスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソトの計6か国について、検疫所の確保する宿泊施設での10日間待機対象の指定国・地域に指定しました。この措置については、機動的に対処する必要性に照らし、日本時間の今夜、27日午前0時に帰国・入国する方から対象とします。危機管理の要諦は最悪の事態を想定することであります。新たな変異株の感染が拡大するなど、状況が悪化する場合には、機動的に対処していくこととしており、今後の水際対策についても迅速かつ適切に対応してまいります。

国家安全保障会議について

 次に、本日午前、国家安全保障会議を開催し、「令和3年度における防衛力整備内容のうちの主要な事項について」、お手元の配付資料のとおり決定しました。なお、個別の装備品に関する具体的な内容については、防衛省にお尋ねください。

関連リンク