令和3年12月1日(水)午後

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

オミクロン株の2例目の検出について

 冒頭、私(官房長官)からオミクロン株の2例目の検出について申し上げます。入国時の検査で陽性が確認された海外からの入国者について、オミクロン株であると確認されたとの一報が厚生労働省からありましたので、御報告申し上げます。2例目の検出事例になります。当該入国者は、ペルーに滞在歴のある20代の男性で、入国時の検査で陽性が確認され、現在、医療機関において隔離を実施していると厚生労働省から報告を受けています。検疫での陽性検体については、全数を国立感染症研究所でゲノム解析を実施しており、今回、オミクロン株であると確認されたものです。詳細については調査中であり、追って厚生労働省から発表がありますので、厚生労働省にお尋ねいただきたいと思います。このあと、「オミクロン株への対応に関する第2回タスクフォース」を開催し協議する予定であります。引き続き、強い危機感をもって、状況把握に努めるとともに、各国の感染状況を踏まえ、機動的に、かつ、スピード感をもって必要な判断を行っていく考えであります。

関連リンク