令和4年4月22日(金)午前

更新日:令和4年4月22日 内閣官房長官記者会見
 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等11件、法律の公布、法律案、政令、人事が決定されました。大臣発言として、防衛大臣から「自衛隊による在外邦人等の輸送の実施について」、外務大臣から「令和4年度版外交青書について」、総務大臣から「消費者物価指数について」、「自衛隊の災害派遣に関する実態調査(家畜伝染病への対応に関して)の結果について」、小林大臣から「令和4年度に日本学術会議が共同主催する国際会議の中止について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、環境大臣から「クールビズの実施について」、西銘大臣から「クールビズ実施中のかりゆしウエア着用について」、それぞれ御発言がありました。

上皇上皇后両陛下の御在所について

 次に、上皇、上皇后両陛下の4月26日からの御在所は、赤坂御用地内の御所に定められ、仙洞御所と称するので、このことについて内閣告示をもって公示することとし、その旨、本日、閣議決定をいたしました。

統合イノベーション戦略推進会議について

 次に、本日、第11回統合イノベーション推進会議を開催しました。会議の中で私(官房長官)からは、量子技術を通じた我が国社会の利便性や価値の向上、さらには安全・安心の確保に向けて取組を強化すること、AIの利活用に向けた取組を強化すること、探求的な学びやSTEAM教育といった、教育人材育成に関する取組を着実に進めることなどを指示しました。今後、量子、AI分野の新戦略の具体化を進めるとともに、教育未来創造会議との連携の下、イノベーションを担う人材の育成等を進めてまいります。

岸田総理の熊本県訪問について

 最後に、岸田総理は、諸般の事情が許せば、明日4月23日から24日まで熊本県を訪問する予定であります。具体的には、23日は熊本市で開催される「第4回アジア・太平洋水サミット」に参加します。この会議では、アジア・太平洋地域の首脳級を含むハイレベルの参加を得て、世界の水問題の解決に向けた議論が行われ、日本からも様々な取組を発信する考えであります。また、この会議に対面で出席されるカンボジア、ツバル、ラオスの首脳と会談を行う予定です。翌24日には、令和2年7月豪雨で被災をした人吉市内で被災状況や観光施設の復興状況について視察を行い、現場の声を丁寧に聞いていきたいと考えております。詳細については国土交通省又は外務省までお問合せをください。私(官房長官)からは以上でございます。

関連リンク

これまでの
内閣官房長官記者会見