令和4年12月9日(金)午前

更新日:令和4年12月9日 内閣官房長官記者会見

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等16件、条約及び法律の公布、政令、人事が決定されました。大臣発言として、国土交通大臣から「豪雪地帯対策基本計画の変更について」、総務大臣から「令和4年度普通交付税再算定大綱について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、私(拉致問題担当大臣)から「北朝鮮人権侵害問題啓発週間への協力について」申し上げました。

北朝鮮人権侵害問題啓発週間について

 次に、毎年12月10日から16日までは、法律で、北朝鮮人権侵害問題啓発週間となっています。この週間については、国民が、拉致被害者や御家族の思いを共有するとともに、拉致被害者を「取り戻す」という強い意思を北朝鮮に示す機会としたいと考えております。本日の閣僚懇談会では、各省庁の協力をお願いするとともに、拉致被害者の救出を求める国民運動のシンボルであるブルーリボンについて、全閣僚に対して、着用の協力を呼び掛けたところです。

岸田総理の広島県訪問について

 次に、岸田総理は、諸般の事情が許せば、12月11日に、「核兵器のない世界」に向けた国際賢人会議に参加するため、広島を訪問する予定です。「核兵器のない世界」に向けた国際賢人会議は、核兵器国と非核兵器国の双方からの参加者が、それぞれの国の立場を超えて知恵を出し合い、また、各国の現職・元職の政治リーダーの関与も得て、「核兵器のない世界」の実現に向けた具体的な道筋について自由闊達な議論を行う場として、岸田総理が立ち上げを表明したものです。政府としては、国際賢人会議も活用し、8月のNPT(核兵器不拡散条約)運用検討会議で岸田総理が発表した「ヒロシマ・アクション・プラン」に沿って取組を進め、「核兵器のない世界」に向けた現実的かつ実践的な歩みを進めていく考えです。また、岸田総理は、今般の広島訪問に際して、同日、G7広島サミットの会場候補地であるグランドプリンスホテル広島を視察する予定です。私(官房長官)からは以上です。

関連リンク