成長戦略

     
① 成長戦略

 官と民が共に役割を果たし、協働して、成長のための大胆な投資を行います。

(1)科学技術・イノベーション

 社会課題を成長のエンジンへと押し上げていくためには、科学技術・イノベーションの力が不可欠です。科学技術によるイノベーションを推進し、経済の付加価値創出力を引き上げるとともに、イノベーションの担い手であるスタートアップの徹底支援を行います。

大学改革
 世界最高水準の研究大学を形成するため、大学ファンドを創設し、10兆円を確保するとともに、2022年3月に運用を開始しました。大学の研究基盤への長期的・安定的支援を行うことにより、我が国の研究大学における研究力を抜本的に強化します。
 また、イノベーションの担い手たる研究者が、大学運営ではなく、研究に専念できるよう、研究と経営の分離を進めます。
 これら大学改革の実現に向けて、世界と伍する研究大学となるポテンシャルを有し、改革を行う大学に対し、集中的に大学ファンドから助成を行う等の制度を定める法案を2022年通常国会に提出しました。

▼詳しくはこちら

文部科学省HP「国際卓越研究大学の研究及び研究成果の活用のための体制の強化に関する法律案」別ウィンドウで開く
文部科学省HP「世界と伍する研究大学の実現に向けた制度改正等のための検討会議」別ウィンドウで開く
内閣府HP「世界と伍する研究大学専門調査会」別ウィンドウで開く

 
若手研究者の活躍促進
 官民のイノベーション人材育成を強化するため、大学の学部再編や文系理系の枠を超えた人材育成の取組を加速させるほか、博士課程学生に対する経済的支援を大幅に強化しています。

▼詳しくはこちら

国立研究開発法人科学技術振興機構HP「次世代研究者挑戦的研究プログラム」別ウィンドウで開く
日本学術振興会HP「特別研究員制度」別ウィンドウで開く

 
地域の中核・特色ある大学の振興
 地域の中核大学や特定分野において世界レベルにある大学などがその強みを発揮し、社会変革を牽引していくため、「大学自身の取組の強化」「繋ぐ仕組みの強化」「地域社会における大学の活躍の促進」の3つの観点から、政府が総力を挙げて実力と意欲ある大学を支援する「地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージ」を2022年2月に取りまとめました。

▼詳しくはこちら

内閣府HP「地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージ(総合科学技術・イノベーション会議・決定事項)」別ウィンドウでPDFを開く

 
スタートアップ・エコシステムの構築
 我が国経済の力強い成長を実現させるためには、イノベーションの担い手であるスタートアップを徹底的に支援し、新たなビジネス、産業の創出を進めるとともに、高い付加価値を生み出す成功モデルを創出する必要があります。
 このため、2022年をスタートアップ創出元年として位置づけ、6月までに5か年計画を設定し、大規模なスタートアップの創出に取り組みます。
 具体的には、上場を果たしたスタートアップが、更に成長していけるよう、資金調達を行いやすくするための上場ルールに見直すなど、スタートアップ・エコシステムを大胆に強化するとともに、地域の中小企業と連携した大学発ベンチャーの創出などにも取り組み、戦後の創業期に次ぐ、日本の「第二創業期」を実現します。

▼詳しくはこちら

内閣府HP「世界と伍するスタートアップ・エコシステム拠点都市の形成」別ウィンドウで開く

 
オープンイノベーションの促進
 事業会社とスタートアップ企業のオープンイノベーションを促進するため、事業会社やCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)がスタートアップ企業に出資する場合に株式の取得価額の25%が所得控除される「オープンイノベーション促進税制」について、対象となるスタートアップ企業の要件等の拡充を行ったうえで、2024年3月31日まで制度を延長しました。

▼詳しくはこちら

経済産業省HP「オープンイノベーション促進税制」別ウィンドウで開く

 
2025 年大阪・関西万博
 2025年大阪・関西万博では、科学技術や、イノベーションの力で、未来を切り拓いていく日本の姿を世界に発信していきます。世界中の人々に「夢」と「驚き」を与えるような国際博覧会とするべく、必要な経費を確保し、円滑に準備を進めます。

▼詳しくはこちら

内閣官房HP「国際博覧会推進本部」別ウィンドウで開く

 
「成長戦略」へ ▲
 
(2)「デジタル田園都市国家構想」などによる地方活性化

 新しい資本主義の主役は地方です。
 「デジタル田園都市国家構想」は、デジタル技術の活用により、地域の個性を活かしながら、地方を活性化し、持続可能な経済社会を目指すものです。
 この構想実現のため、時代を先取るデジタル基盤を公共インフラとして整備するとともに、これを活用した地方のデジタル実装を、政策を総動員して支援してまいります。
 地域が抱える人口減少、高齢化、産業空洞化などの課題をデジタルの力を活用することによって解決し、地方から国全体へボトムアップの成長を実現していきます。

デジタル田園都市国家構想推進交付金
 意欲ある地域による自主的な取組を応援するため、デジタルを活用した地域の課題解決等に向けて、他地域の優良モデル等を活用して迅速な横展開等を図る事業や、地方への新たな人の流れを創出するためのサテライトオフィスの施設整備等に取り組む地方公共団体を支援しています。
 2022年3月18日に計504団体の事業に対して152億円の支援を決定しました。

▼詳しくはこちら

地方創生HP「デジタル田園都市国家構想推進交付金」別ウィンドウで開く

 
デジタルインフラの整備
 2022年3月に、光ファイバ、5G、データセンター/海底ケーブル等の整備計画として、「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」を策定しました。
 本計画の実行により、光ファイバについては、2027年度末までに世帯カバー率99.9%を目指します。5Gについては、2023年度末に、人口カバー率全国95%、全市区町村に5G基地局を整備、2025年度末に全国97%、各都道府県90%程度以上、2030年度末に全国・各都道府県99%を目指します。
 また、10数カ所のデータセンターの地方拠点を5年程度で整備するとともに、海底ケーブルで日本を周回する「デジタル田園都市スーパーハイウェイ」を3年程度で完成させます。
 これらにより、日本中、津々浦々どこにいても、高速大容量のデジタルサービスを使えるようにします。

▼詳しくはこちら

総務省HP「「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」の公表」別ウィンドウで開く
総務省HP「ブロードバンド基盤の整備」別ウィンドウで開く
GO! 5G(「第5世代モバイル推進フォーラム」のポータルサイト)別ウィンドウで開く
総務省HP「携帯電話等エリア整備事業」別ウィンドウで開く
総務省HP「データセンター、海底ケーブル等の地方分散によるデジタルインフラ強靱化事業」別ウィンドウで開く

 
各分野のデジタル実装
 世界最先端のデジタル基盤の上で、自動配送、自動運転、遠隔医療、教育、テレワーク、スマート農業などのサービスを実装してまいります。
自動配送サービス・自動運転
 電子商取引が拡大する一方で、ドライバーの数は減少を続けています。さらに、ウィズコロナの中、高齢者などの利用者、ドライバーの安全を確保する観点からも、非接触型の自動配送サービスを実現することが重要です。
 このため、低速・小型の自動配送ロボットによる自動配送サービスを早期に実現するために、遠隔操作により道路を通行することができる低速・小型の車の交通ルールについて定める道路交通法の改正案を2022年の通常国会に提出しました。
 あわせて、高齢者の移動手段の確保やドライバーの不足に直面する地方では、人を運ぶ自動運転による移動サービスが期待されていますが、現行法では一般的な制度は規定されていません。
 このため、同改正案においては、申請されたサービスの提供地域・区間を前提として、自動運転システムの性能、遠隔監視や緊急時の対応等を確認した上で、自動運転移動サービスを認める新たな制度を創設することも盛り込んでいます。
 また、自動運転の社会実装にむけて、2025年を目処に無人の自動運転サービスを40ヵ所で実現、高速道路でのレベル4トラックの実用化などを目指して、政府では、研究開発から実証実験、社会実装まで一貫した取組を行うプロジェクトに取り組んでいます。
▼詳しくはこちら

警察庁HP「多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会」別ウィンドウで開く
経済産業省HP「自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会」別ウィンドウで開く
経済産業省HP「自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)」別ウィンドウで開く


医療
 オンライン診療、電子処方箋等という医療DXの基盤を整備することにより、利用者・患者それぞれの状況に応じた医療へのアクセスを可能とします。
▼詳しくはこちら

厚生労働省HP「オンライン診療」別ウィンドウで開く
厚生労働省HP「電子処方箋」別ウィンドウで開く


教育
 GIGAスクール構想の一層の推進等により、教育のICT環境の整備等に取り組みます。また、オンラインを活用し、個に応じた学びを実現するとともに、大学・高校設置基準等の見直しにより、質の高い教育を実現します。
▼詳しくはこちら

文部科学省HP「GIGAスクール構想の実現」別ウィンドウで開く


地方創生テレワーク
 テレワークを更に推進し、地方への新たな人の流れを創出するため、企業版ふるさと納税やデジタル田園都市国家構想推進交付金などを活用したサテライトオフィスの整備等を促進しています。
 また、企業等に対する情報提供・相談体制の整備や地方創生テレワークに取り組む企業の裾野拡大に向けた自己宣言制度・事例の横展開につながる表彰制度を実施しています。
▼詳しくはこちら

地方創生テレワークポータルサイト別ウィンドウで開く
企業版ふるさと納税ポータルサイト別ウィンドウで開く
地方創生HP「デジタル田園都市国家構想推進交付金(地方創生テレワークタイプ)」別ウィンドウで開く


スマート農業
 農業におけるデジタル技術の実装等を通じたスマート化を生産現場で推進しています。これにより、農業を若者にとって魅力のある産業とし、農業の成長産業化を図ります。
▼詳しくはこちら

農林水産省HP「スマート農業」別ウィンドウで開く

 
デジタル庁・デジタル臨時行政調査会
 デジタル化、DXを進める司令塔であるデジタル庁の機能を更に強化します。デジタル臨時行政調査会では、2021年12月、デジタル原則を策定するとともに、2022年5月 には、規制の一括的な見直しプランを取りまとめます。

▼詳しくはこちら

デジタル庁HP「会議等」別ウィンドウで開く

 
マイナンバー制度の利活用の推進
 マイナンバーカードは、安心安全なデジタル社会の「パスポート」であり、社会全体のデジタル化を進めるための最も重要なインフラです。マイナンバーカードと健康保険証、運転免許証との一体化、希望者の公金受取口座の登録を進めるとともに、本人確認機能をスマートフォンに搭載することで、利便性を向上させます。

▼詳しくはこちら

デジタル庁HP「マイナンバー(個人番号)制度」別ウィンドウで開く
デジタル庁HP「公金受取口座登録制度」別ウィンドウで開く


 2021年12月20日から、マイナンバーカードを使い、スマートフォンによって、国内外で利用できるワクチン接種証明書が入手可能となりました。

▼詳しくはこちら

デジタル庁HP「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」別ウィンドウで開く


 マイナンバーカードの普及を促進するとともに、消費喚起や生活の質の向上につなげるため、幅広いサービスや商品の購入などに利用できるマイナポイント(1人当たり最大2万円相当)を付与します。

▼詳しくはこちら

マイナポイント事業HP別ウィンドウで開く

 
国家戦略特別区域を活用したスーパーシティ構想の早期実現
 国家戦略特別区域を活用し、地域のデジタル化と規制改革を行うことにより、2030年頃の未来社会を先行的に実現する「スーパーシティ」構想の早期実現に取り組んでまいります。
 2022年3月10日、国家戦略特別区域諮問会議が開催され、つくば市及び大阪市をスーパーシティ型国家戦略特区に、吉備中央町、茅野市及び加賀市をデジタル田園健康特区(仮称)にそれぞれ指定することを決定しました。

▼詳しくはこちら

地方創生HP「スーパーシティ」別ウィンドウで開く

 
デジタルデバイド対策
 社会全体のデジタル化が進められる中、「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化」を進め、高齢者をはじめとした誰もがデジタルを活用できる社会を実現することが重要です。
 このため、2021年6月から、デジタル活用に不安のある高齢者等に向けて、「デジタル活用支援推進事業」の講師によるオンライン行政手続等のスマートフォンの利用方法について学べる講習会を全国で開催しています。
 あわせて、デジタル推進委員を全国に展開するための制度の在り方を検討します。

▼詳しくはこちら

デジタル活用支援推進事業ポータルサイト別ウィンドウで開く

 
農林水産物の輸出促進
 2025年に2兆円、2030年に5兆円の輸出額目標の達成に向け、改訂された輸出拡大実行戦略に基づき、輸出産地・事業者の育成・展開、海外でのサポート体制の整備などを支援します。
 また、官民一体となった取組を更に進めていくため、2022年通常国会において、品目団体の組織化によるオールジャパンでの輸出力強化や輸出事業者に対する支援の拡充などを内容とする、輸出促進法等の改正案を提出しました。

▼詳しくはこちら

首相官邸HP「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」別ウィンドウで開く
農林水産省HP「輸出・国際」別ウィンドウで開く

 
観光産業の高付加価値化
 新型コロナの影響への適切な支援を図りつつ、コロナ後を見据え、観光地域全体の魅力及び収益力の向上を図り、観光産業の高付加価値化を推進します。

▼詳しくはこちら

地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業 Webサイト別ウィンドウで開く

 
沖縄振興策
 2022年5月15日に、沖縄の本土復帰から50周年を迎えます。沖縄は、成長するアジアの玄関口に位置付けられるなど、大きな優位性と潜在力を有しています。これらを生かし、沖縄が日本経済成長の牽引役となるよう、国家戦略として沖縄振興策を総合的・積極的に推進します。

▼詳しくはこちら

沖縄復帰50周年特設サイト別ウィンドウで開く
内閣府HP「沖縄政策」別ウィンドウで開く

 
「成長戦略」へ ▲
 
(3)カーボンニュートラルの実現

 2030年度46%削減、2050年カーボンニュートラルの目標実現に向け、単に、エネルギー供給構造の変革だけでなく、産業構造、国民の暮らし、そして地域の在り方全般にわたる、経済社会全体の大変革に取り組みます。
 官民が、炭素中立型の経済社会に向けた変革の全体像を共有し、この分野への投資を早急に、少なくとも倍増させ、脱炭素の実現と、新しい時代の成長を生み出すエンジンとしていきます。

再生可能エネルギーの導入促進
 再生可能エネルギーについては、S+3E(※)を大前提に、主力電源として最優先の原則の下で最大限の導入に取り組みます。
 具体的には、再エネ普及のための送電網整備の加速化、電力系統用蓄電池の導入拡大などの投資、再生可能エネルギーの導入支援に取り組んでいます。
※安全性(Safety)を大前提に、安定供給(Energy Security)、経済効率性(Economic Efficiency)、環境適合(Environment)のバランスを取り続けるというエネルギー政策の大原則

▼詳しくはこちら

資源エネルギー庁HP「なっとく!再生可能エネルギー」別ウィンドウで開く
環境省HP「再エネスタート」別ウィンドウで開く

 
自動車の電動化推進
 2035 年までに新車販売で電動車 100%を実現するため、購入補助や充電・水素充てんインフラの整備により、クリーンエネルギー自動車の集中的な導入を図ります。
 車載用蓄電池については、国産生産能力を大幅に高めるため、国内生産基盤の確保に向けた大規模投資を促進します。
 さらに、カーボンニュートラルに伴う産業構造転換を図るため、部品サプライヤー、サービスステーション、整備拠点等の事業再構築を支援します。

▼詳しくはこちら

経済産業省HP「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」別ウィンドウで開く
経済産業省HP「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業について」別ウィンドウで開く
国土交通省HP「事業用自動車における電動車の集中的導入支援」別ウィンドウで開く

 
クリーンエネルギー戦略の策定
 2050年カーボンニュートラルや2030年度46%削減の実現を目指す中で、蓄電池、再エネをはじめ、水素・アンモニア、原子力などあらゆる選択肢を追求することで、将来にわたって安定的で安価なエネルギー供給を確保し、更なる経済成長につなげていくことが重要です。
 このため、グリーン成長戦略、エネルギー基本計画に続いて、エネルギー供給のみならず需要側のイノベーションや設備投資など需給両面を一体的に捉え、新たにクリーンエネルギー戦略を策定します。クリーンエネルギー戦略においては、どのような分野で、いつまでに、どういう仕掛けで、どれくらいの投資を引き出すのかといった経済社会変革の道筋の全体像を、お示しします。

▼詳しくはこちら

経済産業省HP「グリーントランスフォーメーション推進小委員会」別ウィンドウで開く
内閣官房HP「クリーンエネルギー戦略に関する有識者懇談会」別ウィンドウで開く

 
パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略
 2021年10月22日、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」を閣議決定しました。
 我が国の2050年カーボンニュートラルに向けたビジョン等を示すものとして、パリ協定の規定に基づき策定したものです。
 地球温暖化対策は経済成長の制約ではなく、経済社会を大きく変革し、投資を促し、生産性を向上させ、産業構造の大転換と力強い成長を生み出す、その鍵となるもの、という基本的考え方を示しています。

▼詳しくはこちら

環境省HP「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(2021年10月22日閣議決定)」別ウィンドウで開く

 
地域における脱炭素化
 2050年を待つことなく前倒しでカーボンニュートラル達成を目指す脱炭素先行地域を少なくとも100カ所創出することや、屋根置きなど自家消費型の太陽光発電や住宅の省エネ性能の向上などの重点対策加速化事業を進めるなど、関係省庁が連携して、地域の魅力と質を向上させる地方創生に資する地域脱炭素を推進します。

▼詳しくはこちら

環境省HP「脱炭素先行地域募集要領(第1回)・ガイドブックの公表について」別ウィンドウで開く
環境省HP「地域脱炭素移行・再エネ推進交付金」別ウィンドウでPDFを開く

 
サステナブルファイナンスの推進
 2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、3,500兆円ともいわれる内外の環境投資資金を呼び込みます。そのための金融市場の枠組みをつくり、我が国のグリーン国際金融センターとしての機能向上に取り組みます。

▼詳しくはこちら

金融庁HP「サステナブルファイナンス有識者会議」別ウィンドウで開く

 
「成長戦略」へ ▲
 
(4)経済安全保障

 世界各国が戦略的物資の確保や重要技術の獲得にしのぎを削る中、我が国の経済構造の自律性の向上、技術の優位性ひいては不可欠性の確保を進め、国民の安全・安心を守り抜く。同時に、新たな経済成長を実現する。こうした経済安全保障の取組は、待ったなしの課題であり、新しい資本主義の重要な柱です。経済安全保障推進会議の下、省庁横断で、多岐にわたる新しい時代の課題に向き合います。これにより、我が国の経済安全保障を確立すると同時に、この分野に民間投資を呼び込み、経済成長も実現させます。

経済安全保障推進法案
 新たな法律により、サプライチェーン強靱化への支援、電力、通信、金融などの基幹インフラにおける重要機器・システムの事前安全性審査制度、重要技術の研究開発推進、安全保障上機微な発明の特許非公開制度等を整備します。

▼詳しくはこちら

内閣官房HP「経済施策を一体的に講ずることによる安全保障の確保の推進に関する法律案」別ウィンドウでPDFを開く
内閣官房HP「経済安全保障法制に関する有識者会議」別ウィンドウで開く

 
半導体の国内立地促進
 戦略的な産業基盤を国内に確保するため、半導体の国内立地を推進する法案を国会に提出し、2021年12月20日に成立、2022年3月1日に施行しました。
 本法案により、高性能な半導体等の生産施設整備等に関する計画の認定を受けた事業者に対し、新たに設置する基金からの助成等を実施することにより、事業者による生産施設整備への投資判断を後押ししていきます。

▼詳しくはこちら

経済産業省HP「特定高度情報通信技術活用システムの開発供給及び導入の促進に関する法律(特定半導体生産施設整備等関係)」別ウィンドウで開く

 
先端的な重要技術の研究開発支援
 我が国の技術的優位性を確保・維持するため、先端的な重要技術に係る研究開発や実用化を支援する基金を設け、人工知能・量子・バイオ・宇宙・海洋といった世界の未来にとって不可欠な分野における研究開発投資を後押しします。
 
「成長戦略」へ ▲