土砂災害から身を守るには

 

土砂災害から身を守るには

 土砂災害から身を守るためには、私たち一人ひとりが土砂災害に対して日頃から備えておくことが重要です。ここでは、土砂災害から身を守るために最低限知っておくべき3つのポイントを紹介します。

1. お住まいの場所が、土砂災害警戒区域か確認

 土砂災害のおそれのある地区は「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」とされています。普段から自分の家がこれらの土砂災害のおそれのある地区にあるかどうか、都道府県や国土交通省砂防部のホームページ別ウィンドウで開くで開くなどで確認しましょう。

 また、避難の際にどこにどのように逃げるのか知っておくことが大事です。市町村が作成する土砂災害ハザードマップを利用して避難場所や避難経路を確認しましょう。

※ただし、土砂災害警戒区域等でなくても、土砂災害が発生する場合があります。付近に「がけ地」や「小さな沢」があれば注意を。


2. 土砂災害警戒情報や雨量の情報に注意

 雨が降り出したら、「土砂災害警戒情報」に注意しましょう。これは、警戒レベル4相当情報であり、市町村が警戒レベル4避難勧告を発令する目安となる情報で、災害の切迫度が高まっていることを示しています。(警戒レベルについては、内閣府ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。)

   土砂災害警戒情報は、気象庁ホームページ や各都道府県の砂防課などのホームページで確認できるほか、テレビやラジオの気象情報でも発表されます。都道府県や市町村によっては、携帯電話などに⾃動的に⼟砂災害警 戒情報を教えてくれるサービスもあります。
 

3. 警戒レベル4で全員避難

 お住まいの地域に⼟砂災害警戒情報(警戒レベル4相当情報)が発表されたら、自治体からの避難勧告の発令(警戒レベル4)に留意し、土砂災害警戒判定メッシュ情報などを参考にし、地域内の方々に声をかけあい近くの避難場所など、安全な場所に避難しましょう。 特に、お年寄りや障害のある人など避難に時間がかかる人や、夜中に大雨が想定される場合は、早めに避難することがより安全です。

 ⼟砂災害の多くは⽊造の1階で被災しています、どうしても避難場所への避難が困難なときは、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難するか、家の中でより安全な場所(がけから離れた部屋や2階など)に避難しましょう。

 

 普段から避難訓練に参加し避難に慣れていれば避難⾏動を起こしやすくなります。市町村などがおこなう⼟砂災害の避難訓練に参加しましょう。

土砂災害の前兆現象

 土砂災害警戒情報等が発表されていなくても、以下のような状況(土砂災害の前兆現象)になっ ていた場合は、直ちに周りの人と安全な場所に避難し、市町村等に連絡してください。

【土砂災害の主な前兆現象】

・がけや地面にひび割れができる、がけや斜面から水が湧き出る
・井戸や川の水が濁る、湧き水が止まる、濁る
・小石がバラバラと落ちてくる、地鳴り・山鳴りがする
・降雨が続くのに川の水位が下がる
・樹木が傾く、立木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえる

 

詳しくはこちらの資料をご覧ください。

 

土砂災害警戒情報とは?

 大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度が非常に高まったときに、市町村長が避難勧告等の災害応急対応を適時適切に行えるよう、また、住民の自主避難の判断の参考となるよう、対象となる市町村を特定して都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報です。


 
 

大雨警報(土砂災害、浸水害)、洪水警報の危険度分布とは?

 「大雨警報・洪水警報の危険度分布」は、土砂災害、浸水害、洪水災害発生の危険度の高まりを地図上で5段階に色分けして表示したもので、常時10分毎に更新しています。雨が強まってきたとき、又は大雨・洪水警報や記録的短時間大雨情報等が発表されたときなどには、実際にどこでどのような災害の危険度が高まっているのかを把握することができます。

 

 最大危険度の「濃い紫」が出現した場合、過去の重大な災害時に匹敵する極めて危険な状況となっており、すでに重大な災害が発生している可能性が高い状況となります。土砂災害や洪水により命に危険が及ぶ場所(土砂災害警戒区域や、山間部の中小河川で氾濫流により流失のおそれがある家屋等)においては、その前段階での早めの避難を心がけ、遅くとも避難が必要とされる警戒レベル4に相当する「うす紫」が出現した時点で、河川水位等の現況も合わせて確認し、速やかに避難開始を判断することが重要です。

 

 

目次