避難はいつ、どこに?

 
 

避難情報はどのように伝えられるのか?

 市町村から避難情報が発令された場合には、テレビやラジオ、インターネットなどのほか、防災行政無線や広報車などで伝えられます。

 例えば、警戒レベル4避難指示が出された場合、市町村は、次のような内容で避難行動を呼びかけます。

呼び掛け文例
  • 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
  • こちらは、○○市です。
    ○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難指示を発令しました。
  • ○○川が増水し、氾濫するおそれが高まっています。
  • ○○地区で危険な場所にいる方は、速やかに全員避難を開始してください。
 

 警戒レベル3高齢者等避難や、警戒レベル4避難指示が出た場合、周囲に声を掛け合って、安全・確実に避難してください。
 なお、警戒レベルは、必ずしも1から5の順番で出るとは限りません。状況が急変することもあります。市町村から避難情報が出ていない場合でも、防災気象情報を参考にしながら、適切な避難行動をとりましょう。

 いざというとき、安全に避難行動がとれるよう、普段から自分が住む地域の災害リスクや避難場所、安全な避難経路などを、ハザードマップで確認しておきましょう。

 

どの警戒レベルでどう行動すればいいの?

「警戒レベル3」で危険な場所から高齢者等は避難、「警戒レベル4」で危険な場所から全員避難を。

 警戒レベルは、災害発生のおそれが高くなるほど数字が大きくなります。警戒レベルが出されたとき、住民の方々はどのような行動をとればいいのでしょうか。
 最大のポイントは、「警戒レベル3高齢者等避難」が出されたら、高齢の方や障がいのある方など避難に時間のかかる方やその支援者の方は危険な場所から避難し、それ以外の人は避難の準備をすること。そして、「警戒レベル4避難指示」が出されたら、危険な場所から全員避難することです。
 警戒レベル1から順に住民の方々がとるべき行動をみていきましょう。

  • 警戒レベル1は、災害への心構えを高める
     今後、気象状況が悪化するおそれがある場合などに出る情報のため、災害発⽣の危険性はまだ低い段階ですが、気象庁から警戒レベル1「早期注意情報」が出た場合には最新の防災気象情報などを確認するなど、災害への⼼構えを⾼めてください。
  • 警戒レベル2は、ハザードマップなどで避難行動を確認
     気象庁から警戒レベル2「⼤⾬注意報」や「洪⽔注意報」などが出ており気象状況が悪化した段階です。ハザードマップで災害の危険性のある区域や避難場所、避難経路、避難のタイミングの再確認など、避難に備え 、⾃らの避難⾏動を確認しておきましょう。
  • 警戒レベル3は、高齢者や障がい者等が危険な場所から避難
     市町村から警戒レベル3「⾼齢者等避難」が出た段階です。避難に時間がかかる⾼齢の⽅や障がいのある⽅、避難を⽀援する⽅などは危険な場所から安全な場所へ避難しましょう。また、⼟砂災害の危険性がある区域や急激な⽔位上昇のおそれがある河川沿いにお住まいの⽅も、この段階で避難することが望まれます。また、それ以外の⽅もすぐに避難できるように準備をしましょう。
  • 警戒レベル4は、対象地域の全員が危険な場所から避難
     市町村から警戒レベル4「避難指⽰」が出た段階です。対象地域の⽅は全員速やかに危険な場所から避難してください。
  • 警戒レベル5は、“命の危険。直ちに安全確保”
     市町村から警戒レベル5「緊急安全確保」が出た段階です。すでに災害が発⽣又は差し迫った状況ですので、直ちに命を守る⾏動をとってください。
     警戒レベル5は、安全な避難が難しい状況です。警戒レベル3、4の段階で地域の皆さんで声を掛け合って、また、空振りをおそれずに、安全・確実に避難を終えましょう。
 

どこに避難したらいいの?

 発⽣する災害種別に対して⽴退き避難が必要な場合には、市町村が指定した各災害に対応した避難場所への避難や、安全な場所に ある親戚・知⼈宅への避難などが考えられます。また、ハザードマップ等で次の3つの条件を確認し、自宅が安全だと判断できる場合は、自宅に留まること(屋内安全確保)も考えてみましょう。
①洪水により家が倒れたり、崩れたりしてしまうおそれがある区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)に入っていないこと
②浸水する深さよりも高いところに部屋があること
③水がひくまで我慢でき、水・食糧などの備えが十分にあること

立退き避難が必要な場合の行動

・行政が指定した避難場所への避難
・安全な親戚・知人宅への避難
※普段から災害時に避難することを相談しておきましょう
・安全なホテル・旅館への避難
※通常の宿泊料が必要です   など

 ただし、既に周辺で災害が発⽣している場合など、⽴退き避難がかえって命に危険を及ぼしかねない場合は、少しでも命が助かる可能性の⾼い⾏動として、「緊急安全確保」を⾏います。

緊急安全確保が必要な場合の行動

・自宅の上の階に移動する
・崖から離れた部屋に移動する など
 
 
 

日頃からハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておきましょう

 ハザードマップポータルサイトでは、災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。身のまわりでどんな災害が起こりえるのか、簡単に確認できます。

こちらのリンクもご覧ください。

 

目次