水循環基本計画に基づく「流域水循環計画」に該当する計画 (平成30年12月公表)

提出
機関名
計画名1.計画の概要、2.計画の特徴
1長野県諏訪湖創生ビジョン
  1. 湖沼法に基づく湖沼計画や諏訪湖水辺整備基本計画をはじめとする諏訪湖に関わる各種計画を融合した諏訪湖全体としての将来像を示した計画。
  2. 諏訪湖の水環境保全(水質、水域生態系等)及び諏訪湖を活かしたまちづくり(水辺整備等)の取組を、官民が協働し、上下流の地域が一体となって推進。
2鹿児島県鹿児島湾ブルー計画
  1. 「美しい錦江湾を明日の世代へ」を基本理念に、将来にわたって確保されるべき鹿児島湾の環境保全目標を定め、それを維持達成するための総合的な方策を示した計画。
  2. 鹿児島湾の水環境を将来にわたって良好に保全するため、昭和54年以降、長期にわたって講じてきた各種の環境保全対策を発展的に継承し、湾域の水環境管理を更に推進するもの。
3鹿児島県第4期池田湖水質環境管理計画
  1. 県内有数の景勝地であり、周辺地域の重要な水資源である池田湖の水質環境の保全を目的に、水質環境保全目標等を定め、それを維持・達成するための総合的な施策を示した計画。
  2. 池田湖の水質環境を将来にわたって良好に保全するため、昭和58年以降、長期にわたって講じてきた水質環境保全対策を発展的に継承し、池田湖の水質環境管理を更に推進するもの。
4高知市2017鏡川清流保全基本計画
  1. 高知市の清潔なまちのシンボルである鏡川の清流を保全し、「水と水辺」、「森」、「生きもの」、「景観」、「まち・ひと・しごと」の総合的な視点から取り組むための計画。
  2. 鏡川〜森と海とまちをつなぐ環境軸〜を基本理念に、「100年後も残したい鏡川と流域の姿」を未来の世代に引き継ぐため取り組むべき10年間の行動計画を盛り込み、高知市内の他河川のモデル計画としての位置づけ。
5滋賀県琵琶湖総合保全整備計画
(マザーレイク21計画<第2期改訂版>)
  1. 日本最大の湖であり近畿圏の貴重な水資源である琵琶湖を、健全な姿で次世代に継承していくため、「琵琶湖と人との共生」を基本理念として、琵琶湖の総合的な保全に取組む計画。
  2. 計画目標として「琵琶湖流域生態系の保全・再生」と「暮らしと湖の関わりの再生」の2つを柱に位置付け、各施策に取組むとともに、多様な主体が参画するマザーレイクフォーラムにおいて計画の進行管理を行うこととしている。
  • ※ 計画名をクリックすると各流域水循環計画の概要が見られます。また、各計画の常設のホームページへは「流域水循環計画のMAP」からリンクしています。

水循環基本計画に基づく「流域水循環計画」に該当する計画 (平成30年4月公表)

提出機関名計画名1.計画の概要、2.計画の特徴
1 神奈川県 酒匂川総合土砂管理プラン
  1. 河川・森林・砂防・ダム・堰・海岸の各管理者が連携し、総合的な土砂管理を通じ、治水・利水、生態系保全などの健全な水循環の維持・回復を目指す計画
  2. 当初計画は、総合土砂管理が目的で策定されたが、流域全体の健全な水循環の重要性を踏まえ改訂

水循環基本計画に基づく「流域水循環計画」に該当する計画 (平成30年1月公表)

提出機関名計画名1.計画の概要、2.計画の特徴
1 安曇野市 安曇野市水環境基本計画および安曇野市水環境行動計画
  1. 松本盆地の最下流に位置し、豊富な湧水の恩恵を享受している安曇野市における地下水資源の保全に関する計画。
  2. 地下水保全の取組を進めるため、信州大学と連携し、地下水の見える化や将来像の予測について科学的裏付けを整理し、費用負担ルールなどの合意形成等を推進。
2 千葉市 千葉市水環境保全計画
  1. 地下水や生活排水を水源として自己水量が少なく、低地部の谷津を流れる中小河川における水質改善・生態系回復をメインとする計画。
  2. 水環境全般・地下水保全・生活排水の3つの計画で個別に対策を進めていたが、総合的に推進するために、これらの計画を包括した「千葉市水環境保全計画」を策定し推進。
  • ※ 計画名をクリックすると各流域水循環計画の概要が見られます。また、各計画の常設のホームページへは「流域水循環計画のMAP」からリンクしています。

水循環基本計画に基づく「流域水循環計画」に該当する計画(平成29年4月公表)

提出機関名計画名1.計画の概要、2.計画の特徴
1宮城県鳴瀬川流域水循環計画
  1. 日本三景の一つである松島などを有し、水利用のための様々な取組みがなされた鳴瀬川流域における水環境などに関する総合的な計画。
  2. 宮城県内の5つの流域の内、水循環の健全度評価が最も悪いため、宮城県内においても重点的に取組が推進されている。
2宮城県北上川流域水循環計画
  1. ラムサール条約指定湖沼(伊豆沼、内沼など)を有し、中流域は県内有数の穀倉地帯である北上川流域における水環境・生態系がメインの総合的な計画。
  2. 伊豆沼、内沼は日本有数の渡り鳥の越冬地だが、水質の悪化や外来種の影響が懸念され、自然環境保全・再生を目的に協議会を設立し取組を推進。
3宮城県名取川流域水循環計画
  1. 中流部から下流部にかけて仙台市の中心部を流下する名取川水系などにおける水環境などがメインの総合的な計画。
  2. 100万都市仙台の1%である1万人をキーワードとした市民・企業・行政など一体で取組む「広瀬川1万人プロジェクト」などの市民・企業活動が盛んな取組。
4奈良県なら水循環ビジョン
  1. 降水量や森林面積など特徴ある4つの水系に分かれている奈良県における森林保全や水質保全をメインとする総合的な計画
  2. 県土面積の2割・県人口の9割の大和川水系では、「大和川清流復活ネットワーク」により公的機関、住民団体、事業者などが一体となった取組を推進。
5高知県四万十川流域振興ビジョン
  1. 高知県が中心となり、四万十川流域における、自然・景観の保全などを確保しつつ、地域振興を図るための計画。
  2. 目的が(自然環境を保全しつつ、)地域の振興を図ると言う、今までに無い計画。また、四万十川の水質を独自の指標で観測。
6高知県第2次仁淀川清流保全計画
  1. 高知県が中心となり、仁淀川流域における、水量・水質・生態系、人との関わり、文化等に関する総合的な計画。
  2. 第1次計画(H11.3 策定)は水質保全を中心とした計画であったが、施策実施には住民との協働が不可欠とし、第2次計画は住民参加の視点を入れて策定。
7長崎県第2期島原半島窒素負荷低減計画(改訂版)
  1. 県内有数の農畜産業が盛んな地域である島原半島における地下水の硝酸性窒素負荷低減に関する計画。
  2. 行政各部局の連携に加え、農畜産業などに携わる住民と協力し、地下水観測全地点で硝酸性窒素の濃度等が環境基準以下となることを目指した取組。
8豊田市"水環境共働ビジョン〜地域が支える流域の水循環〜"
  1. 平成17年における市町村合併により、矢作川の上流域の大部分を占める豊田市における水環境をメインとした総合的な計画
  2. 市内を「水源・涵養域」、「湧出・水利用域」「流出域」の3つに分割し、地域ごとに現状と課題を整理し取組を推進。
9京都市京都市水共生プラン
  1. 京都市が中心となり、京都市内における、治水、水環境、貯留かん養、水文化、雨水利用などに関する総合的な計画。
  2. 前年の実績報告と翌年の計画に関する行動計画を毎年作成し、ウェブサイト上に公表している。
10福岡市福岡市水循環型都市づくり基本構想
  1. 都市化による人口集中による、貯留浸透機能の悪化や水不足などの都市型課題を抱える福岡市における水利用をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 雨水利用などによる貯留浸透機能の強化、一人一日当たり給水量を全国平均の8割とするなどなど利水に関する取組を特に推進。
  • ※ 計画名をクリックすると各流域水循環計画の概要が見られます。また、各計画の常設のホームページへは「流域水循環計画のMAP」からリンクしています。

水循環基本計画に基づく「流域水循環計画」に該当する計画 (平成29年1月公表)

提出機関名計画名1.計画の概要、2.計画の特徴
1福島県うつくしま「水との共生」プラン
  1. 猪苗代湖をはじめ、豊かで良好な水環境を有する福島県全域で、「連携による、流域の健全な水循環の継承」を理念とした総合的な計画。
  2. 産学民官が幅広く連携し、問題の解決を図る「超学際的視点」で計画策定。
2千葉県印旛沼流域水循環健全化計画・第2期行動計画
  1. 急激な都市化により水質が悪化し、全国湖沼水質のワースト1となった印旛沼において水環境をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 2030年度の印旛沼の姿を、地域住民、企業、水利用者、行政等をはじめ、全ての関係者が共有し取組を推進。
3富山県とやま21世紀水ビジョン
  1. 「天然の円形劇場」ともいわれる独特な地形の富山県全域において、健全な水循環の構築に向けてた取組みの際に指針となる総合的な計画。
  2. 学識経験者や関係団体代表等で構成される「水ビジョン推進会議」において、設定した目標指標の到達度を評価し、施策の進行管理を実施。
4兵庫県ひょうご水ビジョン
  1. 気候の違いや島など多様な風土を持ち「日本の縮図」とも評される兵庫県全域において、水環境をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 多様な気候、風土や河川水系ごとの特色ある流域文化を反映した取組を推進。
5熊本県熊本地域地下水総合保全管理計画・第2期行動計画
  1. 水道水源のほぼ100%を地下水に依存する熊本地域(熊本市を含む周辺11市町村)において地下水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 特殊な地質構造により、一般的な水田の約5倍の浸透力を持つ白川中流域における湛水事業などの地域の実情に沿った取組を推進。
6宮崎県都城盆地硝酸性窒素削減対策基本計画・都城盆地硝酸性窒素削減対策実施計画(最終ステップ)
  1. 浅井戸の硝酸性窒素濃度が全井戸の13%において「環境基準」を超えた都城盆地において地下水の水質対策をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 宮崎県の1市2町、鹿児島県の1市などの区域で、行政、JA等の関係団体、畜産・農業経営者等の事業者の役割を明確にして取組を推進。
7さいたま市さいたま市水環境プラン(第2次改訂版)
  1. 一層の都市機能の集約が見込まれる一方で、見沼田圃などの貴重な自然資源を有するさいたま市の水環境をメイン課題とした総合的な計画。
  2. さいたま市水環境ネットワーク、水辺のサポーター等の市民団体や事業者との協働により水循環に関する取組を推進。
8八王子市八王子市水循環計画
  1. 急激な人口増加と都市化による水循環に関する課題解決を目指す八王子市における、地下水・湧水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. これまでの水に関する施策を水循環の視点からとらえなおし、「八王子・水のまちづくり」を基本方針とし健全な水循環の維持又は回復を推進。
9国立市国立市水循環基本計画
  1. 多くの河川、用水路、河岸段丘境の湧水など恵まれた水環境を有する国立市全域において、地下水・湧水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 市民やNPO、農業関係者、事業者、学識者等からなる「国立市水の懇談会」を設立、同会の「くにたちの水環境市民プラン」等を参考に計画策定。
10秦野市秦野市地下水総合保全管理計画
  1. 水道水源の約70%を地下水に依存する秦野市において地下水・湧水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 環境省による名水百選選抜総選挙において「おいしさが素晴らしい名水部門」で第1位となった地下水の質と量の保全に関する取組。
11座間市座間市地下水保全基本計画
  1. 急速な都市化により地下水量への影響が懸念された座間市域において、地下水・湧水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 「三次元水循環解析モデル」を構築し、地下水の流れをより高い精度で再現し、地下水環境への影響を予測するなどの取組を推進。
12大野市越前おおの湧水文化再生計画
  1. 水道普及率(簡易水道含め)が約4割で、他の家や事業所では地下水を利用する大野盆地おける地下水・湧水をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 古くから湧水が豊富で市内に湧き出る湧水を「清水(しょうず)」と呼び大切に利用してきた越前おおの特有の湧水文化を保全する取組を推進。
13・14静岡市第2次静岡市環境基本計画の一部、及びしずおか水ビジョン
  1. 静岡市全域の水環境全体目標と共に、取水から配水、川・海への放流に至る一連の上下水道事業を水循環の一端とした総合的な計画。
  2. 水環境全体の目標を定めた「第2次静岡市環境基本計画」の一部と、上下水道の行動計画を定めた「しずおか水ビジョン」が一体として推進。
15岡崎市岡崎市水環境創造プラン
  1. 下流の旧岡崎市と上流の旧額田町が合併し、乙川流域が全て岡崎市に含まれたことを機に策定された水環境をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 環境省の名水百選選抜総選挙における「秘境地として素晴らしい名水部門」第1位の「烏川ホタルの里湧水群」を源流とする乙川に関する取組。
16高松市高松市水環境基本計画
  1. 平成6年の大渇水をはじめ、度々、渇水が発生する厳しい水環境にある高松市における水資源の有効利用をメイン課題とした総合的な計画。
  2. 節水・水の有効利用のみでなく、水源の保全、新たな水資源の開発、農地やため池の保全など水資源の確保に関する取組を推進。
17熊本市第2次熊本市地下水保全プラン
  1. 水道水源のほぼ100%を地下水に依存する熊本市において地下水をメイン課題とした具体の行動計画。
  2. 熊本市の地下水保全活動は「平成20年日本水大賞グランプリ」、「国連“生命の水”最優秀賞(2013年)」を受賞した国際的にも評価された取組。
  • ※ 計画名をクリックすると各流域水循環計画の概要が見られます。また、各計画の常設のホームページへは「流域水循環計画のMAP」からリンクしています。
  • ※ 千葉県、熊本県、宮崎県の計画については、マスタープランとアクションプランのような明確な上位・下位計画であるため、1つの計画とみなしています。
  • ※ 静岡市の2つの計画については、静岡市の水循環全体の基本方針や目標を定めている「第2次静岡市環境基本計画の一部」と上下水道の行動計画を定めた「しずおか水ビジョン」が一体として深い関係性があることから、一体として推進されているとみなしています。なお、第2次静岡市環境基本計画については、計画の一部(水環境)が該当するとしています。


【流域水循環計画に該当するかの確認の際の考え方】

 水循環基本計画に基づく流域水循環計画に該当するかの確認作業においては、情報提供された計画が

  1. 「水循環に関する計画」に該当する計画であるか
  2. 提示しているチェックシートに照らして、9つ全てのチェック項目(WORD形式:40KB)に該当しているかどうか、記述内容に齟齬が無いか、内容が妥当か
を確認しております。
 水循環政策本部事務局において、確認作業を行った際の考え方は以下のとおり。

  •  水循環に関する取組を一体として進めていく複数の計画について、明確な上位・下位計画や長期・短期計画、若しくは、それと同等の関係性にある複数の計画などであれば、一体の計画として確認の対象としました。
  •  計画で取り扱っている分野が特定分野の課題のみであっても、計画策定の背景や目的において、特定分野の課題解決が地域の実情に沿っていることが整理されている計画であれば、確認の対象としました。
  •  上記@の「水循環に関する計画」とは、基本的には、計画策定の背景や目的において、具体的に「水循環」の計画である整理がなされている計画と考えています。
     ただし、水循環基本計画の策定が平成27年7月であるため、今回は、計画策定の背景や目的に具体的に「水循環」の記述がない計画であっても、計画の対象としている内容が「水循環」(※)に直接関係することであれば、確認の対象としました。
     なお、計画策定の背景や目的に具体的に「水循環」の記述がない計画については、計画改定などにおいて、背景や目的に具体的に「水循環」の記述がなされることが望ましいと考える。
  •  計画の一部のみが「水循環」(※)に直接関係する計画については、該当する一部において具体的に「水循環」の記載がある場合、今回は「一部が該当する計画」として確認の対象としました。

(※)「水循環」とは
 水が、蒸発、降下、流下又は浸透により、海域等の至る過程で、地表水又は地下水として河川の流域を中心に循環すること