本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

津波では、どのような災害が起こるのか

内容



津波ではどのような災害が起こるのか

 東日本大震災では、押し寄せる津波が当初予測された数値よりも遙かに高い例が多くありました。地震によって発生する津波の全てを正確に予測する事はできず、人的被害を免れた多くの例は、可能な限り早く高くへ逃げるという津波襲来時の避難の原則に従ったケースでした。
 地震による大津波の被害は「波」という言葉から想像するイメージからは程遠いものです。街全体が津波にのみこまれ水の下に沈んだケース、家は流され、バスや電車、大型船が海側から打ち上げられたケース、20m以上の高台に避難していたのに背後から回り込んだ波に流されたケース、津波が地形を駆け上がり発表された津波の高さ以上に達したケースなどもあります。
 また、津波は一度だけでなく複数回にわたり襲来し、第一波より第二波や第三波など後から来襲する波の方が高いケースもあります。 第一波が引いた後、家に戻り、被害に遭われた方もいます。いったん波が引いても、津波警報が解除されるまでは避難を継続して下さい。
 そして、発表された津波の到達予想時刻を過ぎて津波が到達しなかった場合も、避難は継続して下さい。到達予想時刻はあくまでも目安であり、実際の到達時刻は到達予想時刻から前後する可能性があります。

ページの先頭へ戻る

津波の時はどのように行動したらいいか

  • 強い揺れや弱くても長い揺れを感じたら、また地震を体で感じなくても、「津波警報」等を見聞きしたら、いち早く海岸から離れ、可能な限り高い場所へ避難してください。
  • 海水浴等により海岸付近にいる人は、「津波注意報」でも避難が必要です。海からあがる、海岸から離れるなど、すぐに避難を開始してください。
  • 避難をする時は、近くの高台や津波避難タワー、津波避難ビルなどに向かってください。
  • 第一波の引いた後に家に戻り第二波にのみこまれ被害に遭ったケースや、余震により再度津波が発生するケースもあり、警報・注意報が解除され安全が確認されるまでは決して被災地域には立ち入らないでください。
  • 津波の災害は人の想像を絶する規模であり、その想像を超えた災害から身を守るためには、日頃から津波に関する情報を収集したり、津波ハザードマップなどで家の周りの安全な避難場所を確認しておくことが必要です。
  • 津波は想像を超える速さ、あるいは想像を超える場所からやってくることを認識しておきましょう。

 ※もしものために「津波標識」の確認を!

  • 津波の危険がある場所には、津波が来襲する危険があることを示す「津波注意」のほか、津波避難場所や津波避難ビル(※)を示す津波標識が設置されています。万一に備え、海の近くにいるときには必ず確認しておきましょう。
  • また、最寄りの津波避難場所や津波避難ビル、高台などへの経路を確認しておきましょう。

津波警報・注意報の分類と、とるべき行動

津波警報・注意報の分類と、とるべき行動

津波の速さを知りましょう

津波の速さ ⇒
海深の深いところでは伝達はジェット機なみの速さ

津波は遠くからやってくることがあることも知りましょう(遠地津波)

チリ地震が起こした津波が
日本を襲った例

ページの先頭へ戻る

津波災害エピソード集【内閣府防災より】
もし、1日前に戻れたら…私たち(被災者)から皆さんに伝えたいこと

ページの先頭へ戻る

津波災害に対する政府の取組や対応

※このセクションでは、既に政府が公式に発表している対応策だけでなく、災害対策のために行われている会議なども取り上げます※

 気象庁では、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震での甚大な津波被害を受け、その時に発表した津波警報の課題とその改善策について、有識者等による勉強会・検討会を開催して検討を進め、そこで取りまとめられた提言を基に、津波警報・注意報の発表方法や表現を変更し、平成25年3月7日から新しい津波警報の運用を開始しました。

 津波警報の第一報では、津波の高さは地震の規模や震源を基に推定します。しかし、マグニチュード8を超えるような巨大地震の場合は、すぐには精度のよい地震の規模を把握することができません。そこで、地震波の長周期成分の大きさや震度分布の広がりなどから、巨大な地震の可能性を評価・判定し、巨大地震と判断された場合は、最初の津波警報(第一報)では、予想される津波の高さを、「巨大」、「高い」という言葉で発表して非常事態であることを伝えます。

 「巨大」という言葉で大津波警報が発表された時は、東日本大震災クラスの非常事態であるため、ただちにできる限り高いところへ避難してください!

 巨大地震の場合でも、地震発生から15分ほどで精度のよい地震の規模が把握できます。その時は、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉での表現から、5段階の数値での発表に切り替えます。また、その他の地震で発生直後から精度よく地震の規模が求められた場合は、初めから5段階の数値で発表します。

(巨大地震発生時の津波警報の発表イメージ)
巨大地震の発生時は、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉で発表します

※平成25年8月30日から従来の「大津波警報」を特別警報に位置づけています。

詳しくはこちらから

目次

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.