グリーン社会の実現

 

 2050年カーボンニュートラルを宣言しました。もはや環境対策は経済の制約ではなく、社会経済を大きく変革し、投資を促し、生産性を向上させ、産業構造の大転換と力強い成長を生み出す、その鍵となるものです。まずは、政府が環境投資で大胆な一歩を踏み出します。


革新的なイノベーションの推進

過去に例のない2兆円の基金を創設し、過去最高水準の最大10%の税額控除を行います。次世代太陽光発電、低コストの蓄電池、カーボンリサイクルなど、野心的イノベーションに挑戦する企業を、腰を据えて支援することで、最先端技術の開発・実用化を加速させます。(経済産業省HP)別ウィンドウで開く

エネルギー政策の推進

水素や、洋上風力など再生可能エネルギーを思い切って拡充し、送電線を増強します。デジタル技術によりダムの発電を効率的に行います。安全最優先で原子力政策を進め、安定的なエネルギー供給を確立します。(資源エネルギー庁HP)別ウィンドウで開く

グリーン成長戦略の実行計画

「グリーン成長戦略」では、2050年に向け、技術革新を通じて今後の成長が期待される14の産業において、高い目標を掲げた上で、現状の課題と今後の取組を明記しました。予算、税、規制改革・標準化、国際連携などあらゆる政策を総動員して、しっかりと取り組んでまいります。(経済産業省HP)別ウィンドウで開く

グリーン成長に関する情報公開

環境と経済の相互関係に関する情報や環境分野の統計等を整備します。

脱炭素ライフスタイルへの転換

脱炭素社会づくりに貢献する製品への買換え・サービスの利用・ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていく取組を進めます。(環境省HP)別ウィンドウで開く

新たな地域の創造

国・地方脱炭素実現会議等において議論を重ね、2050年カーボンニュートラルを目指すゼロカーボンシティをはじめとした地域の取組を、再生可能エネルギーの主力電源化に資する施策などにより支援し、先行的な脱炭素地域を創出します。(環境省HP)別ウィンドウで開く

国・地方脱炭素実現会議(内閣官房HP)別ウィンドウで開く

<2050年カーボンニュートラル・全国フォーラム(令和2年12月17日)>

2050年カーボンニュートラル・全国フォーラム

目次