本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

投資の促進 ~日本を支える中小企業・小規模事業者の底力~

このページは現在更新しておりません。「日本再興戦略」改訂2014(成長戦略2014)の内容をわかりやすく解説したページです。最新の情報は、こちらをご覧ください。

 

様々な経営課題に対してワンストップで対応!

売上拡大や経営改善などの様々な経営課題に対して、最適な手法を選択して支援を行います。

政府の主な取組
2014年6月に全国47都道府県に整備された「よろず支援拠点」において、地域の支援機関と連携しながら中小企業・小規模事業者が抱える様々な経営相談に対応しています。
よろず支援拠点全国本部

 

サービス産業を元気にする地域企業のチャレンジをみんなで後押し!

サービス産業の活性化や生産性向上への取組を業種横断的・業種別に後押しするとともに、地域レベルでの支援体制を構築します。

政府の主な取組
業種横断的に、ベストプラクティスの普及(日本サービス大賞の創設、経営課題と解決策の「見える化」)、サービス品質の評価(日本版顧客満足度指数の普及促進)等を推進します。
また、業種ごとに、IT利活用、業務カイゼン等を促進します。
地域の専門支援人材をリスト化し、各都道府県に設置されたよろず支援拠点等の中小企業支援機関に集約・共有することで地域の支援ネットワークを構築するとともに、サービス事業者へ専門人材から知見を提供します。

 

個人保証制度を見直し、経営者の再チャレンジを後押し!

経営者は、思い切った事業展開や早期の事業再生に取り組みやすくなりました。

政府の主な取組
「経営者保証に関するガイドライン」が策定されました。資金調達時等に、一定の条件を満たす場合には、経営者は個人保証を求められず、また、保証債務の整理を行った場合にも一定の資産を手元に残せるようになりました。
経営者保証に関するガイドライン

 

新規中小企業者の官公需への参入を促進!

創業10年未満の中小企業・小規模事業者が、国等の契約の相手方になる機会を増やします。

政府の主な取組
官公需法を見直し、新規中小企業者等からの契約目標の設定や受注機会増大のための措置等を盛り込んだ「基本方針」を策定します。各省庁においても、基本方針をうけた「契約の方針」を策定します。

 

「ふるさと名物」をテコにした地域経済の好循環を実現!

地域資源(農林水産品、鉱工業品、観光資源)を活用した「ふるさと名物」を地域ぐるみで応援する取組や、消費者の視点で磨き上げる取組を応援します。

(政府の主な取組)
平成26年度補正予算の「ふるさと名物応援事業」において、地域資源を活用した「ふるさと名物」の商品開発や販路開拓、ブランド化等の中小企業・小規模事業者による取組を支援します。
なお、「ふるさと名物」については、「地域住民生活等緊急支援のための交付金」による「ふるさと名物商品・旅行券」を活用して、消費を喚起します。

 

投資の促進

 

目次

本ページの内容は、下記のリーフレット (3.7MB)でもご覧いただけます。

 

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.